スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティクラウン

2012_33.jpg
画像は全然関係なくギアスですいません…!舞台化おめでとううう!
もちろん見に行きます!楽しみです!
あの物語をどんな風に展開して魅せるのか演出の腕の見せ所だと思います。
原作を知っている人も、知らない人も楽しめる舞台になるといいなあ!



そして、ギルティクラウン。
リアタイに呟くには長すぎたので、こっちに。

せっかく自分に出来る事が見つかったのに、
自分の良いところを認めて貰えたのに、
大切なその人は死んでしまって、
優しい心は壊れてしまって、
それは憎しみに変わり、
”みんなのため”
だった行動はいつしか、
”みんな”の不満に変わり、
誰も信じられなくなって。

最初から友情なんか無かったと友人を罵り、
”みんな”に裏切られ、
追い討ちを掛ける様に、
死んだはずの親友に、
力を奪われてしまう。

(奪われる、というと語弊があるかもしれない、
それは、彼が持つべきものではなかったから)

そして。
彼はもう一度その力を手に入れる。

全ては彼のせいではないのに、
彼はそれを全て背負い、
彼は全てを引き受けようとする。

すごい、主人公だ。
主人公っぽく、なってきた!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。